9月末に友人MとMの子供(3才)+私とうちの子供(8才)で遊園地に遊びに行ったとき、友人Mの携帯にメールが入った。幼稚園に同級生がいるKママからで、その内容が

「家が空き巣に入られて警察へ行く。もしかしたら協力をお願いするかも」
とのことで、Mはそのメールに、「大変だね~今日は協力できない(夜まで遊園地で遊び倒す予定)けど明日以降なら協力するよ」と一般的に考えれば普通な返信を送ったんだそうだ。

で、その日の夜、私と子供はMの家に泊めてもらう予定になっていて、夜9時過ぎに家に着くと、なぜかドアが開いており鍵がかかってない。
おかしいと思って、Mを玄関の前に待たせたまま家の横に回ると、窓ガラスが割られていて窓が開いている。

うわ!空き巣だ、もしかしたらまだ中に?と慌ててMに確認もせずに警察に電話する私。バカと言ってくれて結構です(笑)。

すると玄関で争う声。気付いて走って行くと、Mと子供を囲むように数人の女性が何かを叫んでいる。しかもMもMの子供も腕を掴まれている。

これは危険だ!と考えて、持っていた遊園地のお土産袋で泥棒を殴る私。泥棒がひるんだ隙にMの子を抱え、我が子に「助けてって近所の人を呼べ!」と叫んだ。
その後は警察が来たり、近所の人がバット片手に飛び出して来たり、犬が吠えたりどこかのおじいさんが失禁したりで大騒ぎ。

警察も最初は自転車で来てたけど、あとからパトカーが応援に来てとりあえず泥棒は全部回収。私や子供、Mも一応近所の警察へ行くことになりました。

で、わかったこと。泥棒は全部で6人。全員女性。てか、Mの子と同じ幼稚園児のママでした。

主犯はKママで、Mの家に空き巣に入ったのは昼のメールが原因だそうで、Mが送った「今日は協力できない」という返信を、Kママ宅に入った空き巣の証拠隠しだと飛躍して想像したようで、他にメールを回したママ友を集めて突入することにしたんだとか。……見事に「風が吹いたら桶屋が…」な解釈。誰か一人くらい止めなかったのか?

そしてMの家に突撃したのはいいけど留守。証拠を探さないと!ということになってガラスを割って全員で侵入。
見つからなかったので待ち伏せして、帰って来たMが私と別れたところ(家の裏に回っただけだけど)で急襲し、盗んだものをどこへ隠したのか聞くつもりだったとか。

手口が悪質だし、侵入した時に家を荒らしている(しかも盗まれたものもある)と言うことで、警察へは訴えはしなかったものの、民事でさっくり罰を被ってもらったそうです。

ここまでが以前に聞いた話。

その友人Mから今朝電話があって聞いたのですが、Kママが家からものを盗まれたのは本当だったそうです。
盗まれたのは現金やカード類、貴金属、高額記念硬貨など、どうやら本物の空き巣被害だったとか。

しかもママ友の中に犯人がいる!と勝手に思いこんでカード類を停止していなかったため、カード詐欺にもあって現在大変な状況になり、今はK子も幼稚園に来てないそうです。

家から物が無くなって、遊びに訪れたママ友を疑うのは仕方ないけれど、対策や復讐を考える前に、まずカードは停止させましょうね。