もう5年前の話ですが告白します。

当時の私は高校生でしたが、クラスの金持ちで不良の男子にレ○プされました。

不幸中の幸いで、妊娠はしなかったんですが、それ以来、男性恐怖症になってしまったんです。

唯一、心許せる男性は、兄と父だけでした。

しかし、レ○プされたことなんて、誰にも話せません。
ただ、昔から私を溺愛していた兄と父だけは、私の様子がおかしいことに気付いていたんです。

断腸の思いで、兄と父にレ○プされたことを打ち明け、男性が怖くなった事を話しました。

普段は温厚な兄と父が、今まで見たこともないような形相で、顔を真っ青にしたあとに真っ赤になって、どこの誰かだけ教えろと言いました。

その男子の名前を告げると、「分かった」とだけ言って、父は何処かへ出かけて行きました。
兄は涙を流しながら「守ってやれなくてごめんな」と謝るばかりでした。

それから数日後、不良男子の入院を聞きました。

それも肛門が裂けたことが原因とのこと。
夕方帰宅すると、兄と父に「何があったの?」と訪ねました。

兄はニヤリと笑っいました。
「目には目を、歯には歯を、レ○プにはレ○プをだ」
そう言って話し始めました。

実は同性愛者である兄が同志を募り、土木建設会社社長の父が会社の人を使って拉致。
その後、丸一日かけてレ○プしたのだそうです。そして肛門が裂けた頃に適当に放置。

そして証拠として、脅しとしてポラロイドで写真を撮影。
私は何もしていませんが、「肉○器」とデカデカと書かれ、裂けた肛門丸見えの大開脚させられた彼の写真を見て、ある程度気が晴れました。

退院後、彼は1人引っ越し、転校していきました。
兄は、どうやって調べたの分かりませんが「引っ越し先の住所に奴の恥ずかしい写真をメッセージ付きで送っといた」と言ってました。

今では、私もカウンセリングを受け、ある程度は男性恐怖症は収まってきましたが、やはり男性とのお付き合いは無理な状態です。

すると「俺を見習って同性愛に走る手もありじゃね?」と兄に言われてしまいました。
それもアリかな?と思うあたり、私は兄の妹なのかな…実感しています。