一昨年別れた元彼にストーカーされた話です。

彼の愚行を聞き及んだ「元彼の現在の彼女」が、こともあろうか「人の彼氏をたぶらかしてんじゃねえ!」と何故か私に激怒し、怒りの矛先を向けてきました。

「ビッチ」「ヤリ○ン」「セックス依存症」等、身に覚えのない噂を流される始末。
しかも、それを聞いた元彼とその悪友にレ○プされかける事態にまで発展。

偶然通りかかった男性に助けられ何とか未遂で済みましたが、そのときのフラッシュバックに悩まされ、男性恐怖症に陥りました。

その後も、元彼とその彼女に粘着され、隠し撮りの写真をばら撒かれたり職場に乗り込まれたり、とにかく色々と迷惑をかけられました。

最終的に職場も辞めざるを得ず、近所からも大学時代の知り合いからも白い目で見られ、人間関係を一掃するために地元に逃げ帰りました。

地元へ帰った後、色々と悩みましたが、ここまできてはもう失うことは何もないから、取り敢えず2人の仲を引き裂いてやろうと思い立ちました。

まずはレ○プされかけた時の診断書を準備。
ストーカーされた時の記録もかき集めました。
とどめに警察に行かないよう脅迫された時の音声テープも忘れずにを警察に持ち込み、告訴状を作成・提出しました。

もちろん弁護士を雇い、二人から多額の慰謝料を取る事に成功しました。

それでも元彼にしがみ付いた彼女は半ば強引に入籍らしいです。
とはいえ、もちろん慰謝料の支払いで貧乏まっしぐらです。

今の私はというと、レ○プ未遂の時に助けてくださった方と偶然再会。
私の身の上を聞いても嫌がることもなく、彼の献身的な態度で男性恐怖症も克服でき、入籍にまで至りました。

風の噂によれば、元彼夫妻が近所のボロアパートに引っ越して来たようです。
その様子を見た知人の話によれば、みすぼらしい生活を送っているようで、それを知ったらこれ以上復讐する気も削がれました。

例え会う事があったとしても、私の幸せな暮らしを見せつけてやれると思うと、嬉しくて涙が出そうです。