数年前、買い物に行った先で起きた話です。

買い物先でレジの順番を待っていると、背中にチクリって感じの痛みを感じ、次第にその痛みはびれと熱を持ち始めました。

「何が起きたんだ?」
そう鈍臭いことを考えながら首を巡らすと見たことない女性が背中にいて、しかも私の腰の辺りからナイフが生えてる!


その女性と目があってしばらく(多分数秒)見つめ合ってたら、

「あれ…違う人だ…」

え?どういうことですか?

しかもその女性、刺したナイフを咄嗟に抜いちゃうんですよ。
もちろん、一気に鮮血がドバっと吹き出して、衝撃的な痛みとともに膝の力が抜けその場にへたり込みました。

更に恥の上塗りとしてその女性との会話…。

女性「えっとあの痛いですか?絆創膏ありますけど?」
俺「あ、いえ大丈夫です。お気になさらずに」

何が大丈夫なのか意味不明でしたが、この直後意識がなくなって、気がついたら病院でした。

後の事情聴取等で知ったんですが、要するに女性ストーカーによる殺人未遂でした。
私を刺したのは、お目当ての男性と、似たようなトレーナーを着てたからとのこと。

でも警察曰く、ターゲットの人は似た色のトレーナーを持ってただけで背格好などは別人だったそうです。
つまり男性なら誰でも良かった状態だったようです。

実はあの女性は、あの冷静さで通り魔だった訳で、それを知ってから恐怖が募ってきました。

加害者の女性は精神病院送りとなり、肝心の私の治療費は家族と名乗る方が支払ってくれました。
でも、慰謝料もトレーナーの弁償費用も払わずに消えてしまいました。