披露宴自体は普通に済んだけど、招待客に変なのがいて新婦が後々まで迷惑してたって話。

私と新婦は少し年の離れた親戚。血縁は少し遠いけど昔から家族ぐるみで仲良くしています。

新婦の招待した友人は全員女性で新婦とも同い年。
若い子が多かったのでみんなかわいらしいドレスを着ていたけど、一人だけ振袖の方が。

その人は受付をしていたんだけど、雰囲気も他の新婦友人たちとは違った感じで、
他の子たちはよくあるキャピキャピガツガツした感じだけど、
その和装の人(A子とします)は物腰の柔らかい少し落ち着いた雰囲気だったので
たしかに受付にもってこいだなーと思った。慣れた様子で丁寧に受け付けもこなしていたし。

新郎新婦が会場に現れた時も、他の子は「キャーッ新婦ちゃんカワイーッ!」とはしゃいでいたのに対して
A子さんは新婦と、初対面の新郎にもきちんと挨拶をしていたのを見て
イマドキの若い子にしては珍しいなぁと思ってた。

で、和装で目立つためもあってか、新郎側の友人(B男)がA子さんにロックオン。
続きます。

披露宴自体はそこそこ良い感じで済み、その日のうちに二次会というスケジュールだったので
参加者はバスで二次会会場へ。私は子供を実家に預けていたので離脱。

ここからは後に新婦から聞いた話。
・A子さんは、他に親しい人がいないということと、着物を汚すといけないからということで二次会は不参加。

・二次会になり、A子さんがいないことにB男がファビョる。どうやら二次会でアプローチしようと思っていたらしい。

・「あの着物の子ドコー?」「着物の子なんでいないの?なんで帰ったの?」
「俺あの子チョー気に入ってたのに!」と新婦に詰め寄る。

・不参加なのはあらかじめ決めていたと説明すると、「じゃあ君の友達でしょ?着物の子の連絡先教えて!」と言い出す。

・もちろん勝手に教えることはせず、新婦もこの人はヤバイと察してテキトーにあしらい断る。

・新婦はA子さんと付き合いも長く、B男はA子さんが苦手なタイプだと分かっていたので
A子さんにもその件はふせていた。

・式が終わっても数か月間、何度断ってもB男の連絡先クレクレはしつこく続き、
適当な嘘をついて断っても忘れたころに「で、あの子の件はどうなったの?」と連絡が来ていたそうな。

暫くするとB男も諦めたのか連絡も来なくなり、落ち着いてから新婦がA子さんに
こんなことがあって…と話をするとA子さんも、そういえばやたらと自分の周りをうろうろしている人がいた…と。

話しかけられたりとかは一切なかったみたいだけど、B男は当日カメラマン役をしていて
受付の最中にいきなり来て撮影されかけたらしい。

新婦の話だと、A子さんは少しカメラ嫌いの気があり(集合写真は平気)、
単独で写りたくないからとA子さんは避けたけど、それでもB男はちょっとしつこくつきまとっていたみたい。

A子さんが盗撮とかされてないかなーってちょっと心配ではあるけど、もう諦めてると思うので記念カキコ。
不幸な結婚式ではないけど新婦乙…なできごとでした。