修羅場チャンネル

修羅場・武勇伝・スカッとする話・不幸な結婚式などのまとめ

鬱陶しかった後輩のことをお話します。自分は同人系のサイトを持っていましたが、職場ではひた隠しにしていました。

ある年、後輩Aが入社。年も近いので少し仲良くなり、ちょっと空気が読めない感じはありましたが、休憩時一緒にランチを取る程度の仲だったので、あまり気にしていませんでした。続きを読む

うちの母は呪い殺されかけていました。そして私も危ういかも、というお話です。祖父はお見合いで祖母と結婚しました。でも、祖母の前に見合いした人が一人いて、外見とかは普通だったけれど、何か気に入らなくて断ったそうです。

そして母が生まれ、その後、祖母の兄が結婚することになりました。祖父母が母を連れて結婚式に行くと、相手は祖父が断った相手だったのです。続きを読む

13日の金曜日の夜中でした。

「何だお前はぁぁぁ!」父の怒鳴り声で目が覚めました。

部屋の窓を開けて様子を窺うと、覆面をかぶった一人の男と、父が睨み合っていました。強盗かと、一瞬嫌な予感がしたが、男は武器一つ持っていないし、父に襲い掛かる様子もありません。続きを読む

先日、ものすごく衝撃的なことがありました。

祖母が亡くなって、もう90を超えていたから大往生だし悲しい感じはなかったんですが、やはり火葬されるときには、感傷に浸ってしまいました。その後の忌明けのときに、ある親戚が嬉々として話していたことが衝撃。
続きを読む

頭のおかしい母親って、本当にいるんですよ。高校生の時のことです。保健室で養護教諭から指導されました。

「夏服にノーブラはどうなの?恥ずかしくないの?」
「恥ずかしいです。だけど…」
続きを読む

かなり昔の話です。厳格で冗談も通じない頑固な父が、犬を拾ってきました。動物嫌いの父がどういう心境だったのかわかりませんが、父と私たち一家は、その犬を物凄く可愛がりました。

成犬になっても小さくて、近所のおばさんや子供にも絶大な人気でした。犬が8歳になっても見た目は子犬のようで、あれだけ口うるさく頑固な父がデレデレの状態。その影響か随分と柔らかい性格になり、家族内の空気も和やかでした。
続きを読む

母がヤバイ。
うちは農家ですが、長男の俺も、弟も妹も別の職業に就き、父の代で廃業することに決まっています。農家に嫁いだ母は姑・小姑にいびられて苦労しました。親父は空気。ガキの頃からそんな両親を見てきて、親父のようにはなるまいと思ってきたし、母も「あんたはお父さんみたいにはならないで」とよく言っていました。続きを読む

一度だけ、旦那の実家に行ったときのこと。跡取りの義兄家族と義両親は完全同居なのですが、舅と義兄の仲が悪く、姑と義兄嫁の仲がもっと悪い。

旦那は末弟で、家に対しては責任が無いかわりに、財産はなしと言われて育ったそうです。跡取りの義兄は厳しくしつけられ、ほとんど地元から出たことはありません。旦那は東京で大学に通ってそのまま就職し、ほとんど実家に帰っていません。私を連れて一度だけ実家に行ったのは、結婚の報告のためでした。
続きを読む

ちょっと吐き出させてください。

私は小学生の頃、検査で側湾症という、勝手に背骨が曲がる病気にひっかかりました。再検査でかなり悪いと診断され、医者は手術を勧めました。ところが、親は「背骨が曲がっても、自然のままで生きていけばいい」と、手術を拒否。
病気の怖さを説明して医者が説得するも頑なに拒む両親に、最終的には医者も「好きにしろ!」とか怒鳴っていた記憶があります。続きを読む

昭和のような平成の話。私は当時、とある田舎の女子高生。まわりは田んぼ、近所中顔見知りで親戚だらけで排他的なところもある、そんな田舎でした。

高校に入って、ちょっと都会(といっても東京とかに比べれば全然ですが)に通うようになり、流行やオシャレというものに触れ、かなりカルチャーショックを受けました(笑)。続きを読む

↑このページのトップヘ